1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 幻術師

幻術師

ジョブ概要

入手タイミング
水のクリスタル(水の神殿クリア時)
ジョブ特性
-
オリジナルコマンド
しょうかん、ぼうぎょ
主な武器
ロッド
主な防具
小手
  • ※ジョブ熟練度の上がり方についてはこちらを参照。

オリジナルコマンド詳細

しょうかん
レベル1~8の召喚魔法(白 or 黒)を使う。

レベル別ステータス

LV 能力値 最大MP
素早 体力 知性 精神 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
5 7 7 6 7 7 5 0 0 0 0 0 0 0
10 10 10 9 10 10 10 1 1 1 1 0 0 0
15 13 13 12 14 14 15 3 3 3 3 0 0 0
20 16 15 14 17 17 20 5 5 5 5 0 0 0
25 19 17 16 20 20 25 8 8 8 8 0 0 0
30 22 20 18 24 24 30 10 10 10 10 1 0 0
35 25 22 20 27 27 35 12 12 12 12 4 1 0
40 28 24 22 31 31 40 14 14 14 14 6 3 1
45 31 27 24 34 34 45 17 17 17 17 9 5 2
50 34 29 26 38 38 50 19 19 19 19 11 7 3
LV 能力値 最大MP
素早 体力 知性 精神 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
55 37 31 27 41 41 55 21 21 21 21 14 9 4
60 40 34 29 44 44 60 23 23 23 23 16 11 5
65 43 36 31 48 48 65 25 25 25 25 19 13 6
70 46 38 33 51 51 70 28 28 28 28 21 15 7
75 49 41 35 55 55 75 30 30 30 30 24 17 8
80 52 43 37 58 58 80 32 32 32 32 26 19 9
85 55 45 39 61 61 85 34 34 34 34 29 21 10
90 58 48 41 65 65 90 37 37 37 37 31 23 11
95 61 50 43 68 68 95 39 39 39 39 34 25 12
99 63 52 45 71 71 99 41 41 41 41 36 27 13

使いどころ

FFシリーズで初登場となった召喚魔法を初めて使える記念すべき(?)ジョブ。幻術師が召喚魔法を使った場合、3通りある効果(白・黒・合体)のうち、白か黒がランダムで発動します。そのため、戦闘では運が絡む要素が強く、ハズレ効果も多いので、扱いにくい(というより使えない)ジョブではありますが、場面を限れば非常に有用なジョブになることもあります。

活躍はレプリトを訪れてから

召喚魔法を初めて入手できるのはレプリトなので、地上世界でエンタープライズの鎖を解く(=ゴールドルの館をクリアする)までは、幻術師になってもほとんど攻撃手段がありません。むろん、熟練度を上げることはできるので、サロニアで幻術師を活躍させたい(後述)ならば、下水道攻略時点から幻術師を使う手もあります。

召喚魔法の白・黒効果

幻術師が召喚魔法を使った場合の効果をまとめると下表のようになります。

LV 魔法名 タイプ 発動名 対象 属性 主な効果 効力
1 エスケプ チョコボダッシュ - - 逃走 -
1 エスケプ チョコボキック? - - - -
2 アイスン さいみんじゅつ 敵全体 - 眠り -
2 アイスン つめたいしせん 敵単体 ダメージ 190
3 スパルク マインドブラスト 敵全体 - マヒ -
3 スパルク サンダーストーム 敵単体 ダメージ 193
4 ヒートラ いやしのひかり 味方全体 - HP回復 110
4 ヒートラ じごくのほのお 敵単体 ダメージ 200
5 ハイパ ボコボコになぐる 敵単体 ダメージ 170
5 ハイパ ガンガンにける 敵単体 ダメージ 175
6 カタスト まもりのひかり 味方全体 - リフレク -
6 カタスト ざんげき 敵全体 - ダメージ 255
7 リバイア あくまのひとみ 敵全体 - 石化 -
7 リバイア サイクロン 敵全体 ダメージ 300
8 バハムル オーラ 味方全体 - 攻撃力上昇 -
8 バハムル きりさく 敵単体 - 即死 -
ボス戦で無効な効果が多い

上に挙げた効果のうち、眠り・マヒ・石化・即死などの状態異常系効果はボス戦では無効です。「アイスン」や「スパルク」などはザコキャラ戦でのみ使った方がよいでしょう。安定して使えるのは、確実にダメージを与えられる「ハイパ」くらいです。ボス戦で使うならレベル5のMPを温存しておきましょう。「カタスト」や「リバイア」の黒効果はたしかに強力ですが、レベル6~7のMPは高いとは言えず、白効果が出てしまうこともあるので、やはり信頼性には欠けます。

特定のボス戦で有利

幻術師の召喚魔法が最も光る戦闘は、ずばりガルーダ戦です。FF3最大の鬼門と言えるボス戦も、幻術師4人が「ヒートラ」を連発すれば、「いやしのひかり」による全体回復と「じごくのほのお」による攻撃が同じ頻度で発動し、かなりの確率で勝利することができます。「いやしのひかり」による回復効果は非常に大きく、てつきょじん戦でも同じ戦法は有効です。その頃には賢者の方が高威力ですが、レベル4のMPは賢者よりも幻術師の方が高いので、回数重視ならば幻術師も活躍のチャンスがあります。

「オーラ」の効果も有用

もう1つ幻術師のメリットとして、「バハムル」を使った時に白の効果「オーラ」が出れば、味方全体の攻撃力を1.5倍にできることです。これは物理攻撃メインのパーティにとっては非常に優秀な効果であり、ボス戦では特に重宝します。「オーラ」の効果は賢者でも出せますが、レベル8のMPは賢者よりも幻術師の方が高く、「オーラ」の効果には知性や精神は影響しないので、幻術師の方が有利に使えます。