1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 竜騎士

竜騎士

ジョブ概要

入手タイミング
水のクリスタル(水の神殿クリア時)
ジョブ特性
-
オリジナルコマンド
ジャンプ、ぼうぎょ
主な武器
主な防具
小手
  • ※ジョブ熟練度の上がり方についてはこちらを参照。

オリジナルコマンド詳細

ジャンプ
高くジャンプし、次のターンで降りてきて敵にダメージを与える。どちらのターンでも行動順序は素早さで決まる。ジャンプして降りてくるまでの間は、あらゆる攻撃・回復・補助の対象とならない。
「ジャンプ」の計算式
ダメージ=「たたかう」のダメージ×(1.5+熟練度/110)

※風属性を弱点とする敵にはさらに2倍のダメージを与える。

レベル別ステータス

LV 能力値 最大MP
素早 体力 知性 精神 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
5 7 7 7 7 7 - - - - - - - -
10 10 10 10 10 10 - - - - - - - -
15 14 14 13 13 13 - - - - - - - -
20 17 17 15 15 15 - - - - - - - -
25 20 20 17 17 17 - - - - - - - -
30 24 24 20 20 20 - - - - - - - -
35 27 27 22 22 22 - - - - - - - -
40 31 31 24 24 24 - - - - - - - -
45 34 34 27 27 27 - - - - - - - -
50 38 38 29 29 29 - - - - - - - -
LV 能力値 最大MP
素早 体力 知性 精神 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
55 41 41 31 31 31 - - - - - - - -
60 44 44 34 34 34 - - - - - - - -
65 48 48 36 36 36 - - - - - - - -
70 51 51 38 38 38 - - - - - - - -
75 55 55 41 41 41 - - - - - - - -
80 58 58 43 43 43 - - - - - - - -
85 61 61 45 45 45 - - - - - - - -
90 65 65 48 48 48 - - - - - - - -
95 68 68 50 50 50 - - - - - - - -
99 71 71 52 52 52 - - - - - - - -

使いどころ

槍を装備して戦う空中戦の専門家。能力値としての力はナイトに劣るものの、素早さは高く、何よりも「ジャンプ」による強化攻撃が優秀です。飛行しているモンスターには弱点を二重・三重にも突いて想像を絶するようなダメージを与えることも可能です。通常のザコキャラ戦でも有用ですが、特にボスの弱点を物理攻撃で突きたい時におすすめです。

戦士同様の防具を装備できる

竜騎士は見た目通り戦士タイプなので、戦士やナイトと同様に強力な防具を装備できます。特にサロニアやドラゴンの塔では竜騎士用の槍やドラゴンシリーズの防具が無料でいくつも手に入るので、竜騎士をメインに使っている場合はすべて入手しておきましょう。時の神殿で入手できるダイヤシリーズの防具も、竜騎士が装備できる強力な装備品です。

飛行モンスターの弱点を突ける

竜騎士は剣を装備できない代わりに槍を装備して戦います。すべての槍には突撃属性+風属性が付いているため、飛行しているモンスターには弱点を二重に突いて通常の4倍のダメージを与えることができます。地上世界の空域に出現するモンスターや、時の神殿の強敵ドラゴンなども、竜騎士ならば簡単に倒すことができます。ボスキャラについては突撃属性の弱点は突けませんが、以下に述べる「ジャンプ」を使うことにより、やはりダメージ量を数倍に伸ばすことができます。

「ジャンプ」の使いどころ

「ジャンプ」は1ターン目で飛び上がり、2ターン目に着地して、敵1体に通常よりも大きなダメージを与える攻撃です。攻撃・防御のどちらにも有利に働くこのコマンドは、以下のように使うと効果的です。

敵の全体攻撃を回避

「ジャンプ」してから着地するまでの間は、あらゆる攻撃・補助・回復の対象にならないため、敵の攻撃を受けることがありません。この点は強力な全体攻撃をしてくるボスとの戦いでは非常に有利であり、ガルーダの「いかずち」、リバイアサンの「つなみ」、バハムートの「メガフレア」なども、ジャンプ中ならば確実に回避することができます。むろん、味方の補助や回復も受け付けない点には注意する必要があります。

着地ターンに理不尽なことが…
「ジャンプ」して着地したターンは、たとえ着地後であっても味方全体に使用した回復魔法の対象とはなりません。その一方で、敵が使ってきた全体攻撃の対象にはなります。「ジャンプ」にはこういう理不尽な仕様(設計ミス?)があることを理解しておきましょう。
攻撃力は熟練度とともに増大

「ジャンプ」は熟練度が上がるほどダメージ倍率が増えていきます。熟練度10程度では「たたかう」の約1.5倍ですが、熟練度55では「たたかう」の2倍、熟練度99では「たたかう」の2.4倍のダメージを与えられます。「ジャンプ」は攻撃までに2ターンを要するため、熟練度が55以上でないと「たたかう」2回よりも損をしてしまいます。風属性を弱点とする敵には、たとえ熟練度1でも大ダメージを与えることができます(以下参照)。

弱点を多重に突ける

「ジャンプ」は風属性を弱点とする敵にはダメージ倍率がさらに2倍になります。たとえば熟練度1で「ジャンプ」を使った場合、通常の敵には「たたかう」の約1.5倍のダメージですが、風属性を弱点とする敵には約3倍のダメージを与えることができます。しかも、「ジャンプ」の風属性と武器に付いている風属性は別々に判定されるので、槍を装備して飛行モンスターを「ジャンプ」で攻撃すれば、「ジャンプ」の風属性で2倍、槍の風属性で2倍、槍の突撃属性で2倍、さらに「ジャンプ」のダメージ倍率が重なり、最低でも12倍のダメージを与えることが可能です。熟練度99ならばダメージ倍率は19.2倍にもなります。これを利用すれば、やり込みデータの「最大ダメージ」の記録も大幅に更新することが可能です。実際にそこまで必要ではなくても、バハムート戦では竜騎士が圧倒的に有利です。バハムートはボスなので突撃属性の弱点はありませんが、風属性は弱点なので、「ジャンプ」で攻撃すれば最低でも6倍のダメージを与え、1ターンで倒すことも可能です。

最強クラスの槍をいち早く入手

ノーチラスが海底に潜れるようになった時点でシーフの熟練度が71以上になっていれば、サロニアの地下迷宮でオーディーンから「グングニル」を盗むことが可能です。「グングニル」はマスターアイテムを除けば竜騎士の最強の武器です。ストーリー中途で入手することができれば、その後の戦闘で非常に役立ちます。